お金貸してくれるサラ金なび

お金貸してくれるサラ金なび。どうしても借りたい人の情報提供

MENU

お金を貸してくれるサラ金を探してますね?

サラ金の利用を考えている人は年々増えていると言われていますが、これはなぜなのでしょうか?
まず考えられるのはサラ金のこれまでのイメージと現在のイメージでは大きく異なってきているからだと思います。
ひと昔前はサラ金といえばサラリーマンが借金を重ねて、どこからもお金を借りられなくなった時に利用するものだと思われていました。

明日までにお金がいる

 

しかし今ではちょっとしたお金の不足を補う便利な場所というイメージのほうが強く、誰でも気軽に利用しています。
その背景にはサラ金業者のイメージ回復に向けた努力があげられるのですが、それと同時に利用システムそのものも進化させていることが要因ではないかと推測します。
たとえば現在ほとんどのサラ金業者がホームページを持っており、そこから申し込みを受け付けています。
利用にあたっての注意点はもちろん、返済シミュレーションもできるようになっており、初めて利用する人でも安心できるシステムになっています。

 

このように入口を入りやすくしたことで利用者を拡大し、世間にも浸透していったのではないでしょうか。
さらに2006年の貸金業法改正に伴って悪質な業者がどんどん淘汰されていったことも良い方向へ進んでいる理由のひとつです。
残念ながら現在も悪質な業者は存在しているようですが、これまでよりも数が減っていますし今はインターネット上で情報を共有できますから被害もかなり少なくなってきています。

 

またグレーソーン金利が廃止されるなど、お金を借りるにあたって不明確な部分がクリアになったことでより安心感を与えています。
このようにサラ金は以前よりもはるかにイメージアップしており、今やサラリーマン以外にも主婦や学生なども利用できるようになりました。
これからもその流れは継続していくでしょうし、さらに新しい使い方も登場する可能性があります。
ますます便利になれば利用者の拡大にも繋がりますし、情報が出れば出るほど消費者には嬉しいと思います。

 

会社にバレずにお金を借りたい人のサラ金利用術

突然お金が必要、お金を借りてでも用意しないといけない・・・という人の中には、「会社に内緒でお金を用意したい」と考えている人が多くいます。

 

思わずギャンブルで使いすぎてしまった、火遊びが行き過ぎてお金が必要となってしまった・・・人によって理由はそれぞれでしょう。

 

「お金を借りる」となると、会社に在籍確認の電話をされて、明細書が家の住所に送られてとされてしまい、隠し通すことが難しいと想像されるのではないでしょうか。

明日までにお金がいる

 

しかし、実は会社に内緒でサラ金からお金を借りることは、実は難しいことではないのです。

 

まず会社の在籍確認電話の問題ですが、正攻法でいけば「サラ金会社の担当者に会社名を名乗らないように頼む」という手段です。
バレずに借りたいという人は意外に多いので、サラ金会社の担当者もそのことをわかっています。

 

なので、お願いすると「では私(担当者)の名前で電話をかけますので」と対応してくれるのです。

 

これが「正攻法」の会社にバレないでお金を借りる方法です。

 

しかし、例えサラ金会社名を出さなかったとしても、在籍確認の電話自体をかけないで欲しいという人もいるでしょう。
仕事に関係のない人から名指しで電話があれば、何となく察する人もいますから、その危険性すらも避けたいと考えてしまいます。
自分が会社内で弱い立場にいれば、上司や先輩から説明を求められたり、からかわれたりすることも考えられます。

 

そうした人にお伝えしたい『裏技』は、アリバイ会社の利用です。
アリバイ会社とは、その名前の通り「アリバイを作ってくれる」会社です。

 

お金を払えば、あなたが望む名前を名乗って電話に出てくれて、あなたの望む通りの返事をしてくれます。

 

なので、サラ金に行く前にアリバイ会社に頼んで「サラ金からお金を借りるので、会社の在籍確認の電話を受けてほしい」とお願いすればOKです。

 

この時、気をつけたいのは、本人確認書類の中に会社名が入っていないものを選ぶことです。
今では会社名でネット検索すれば本当の電話番号がバレてしまうので、会社名から偽らなければいけません。

 

きちんと返済さえすれば、後々バレるということはありません。
バレて厄介なことにならないためにも、返済だけはキッチリと行いましょう。

 

サラ金とは

サラ金とはサラリーマン金融の略で、今で言うところの消費者金融を指した言葉です。
近年サラ金の注目度が再び高まってきており、情報を必要としている人が増えてきているそうです。

 

2006年に貸金業法が改正されてからしばらくの間サラ金は信頼も失った状態であり、顧客獲得に苦労するところがほとんどでした。
これはそれまでのグレーゾーン金利問題や多重債務による自殺、また強引な取り立てなどダーティなイメージが世間に広く知れ渡ってしまったからです。

明日までにお金がいる

 

しかし再び注目度を集めてきたのはそういった悪いイメージを少しずつですが払拭できてきているからではないでしょうか?
実際に露出度も多くなってきていて、大手の業者などは毎日テレビやネット広告で名前を目にします。

 

それと同時にシステムの見直しを行い、確実な貸し付けを行う業者が増えたことも信頼を取り戻してきている理由のひとつです。
サラ金といえば強引に貸し付けを行い、取り立ても強引に行うというイメージがあったかもしれませんが、現在営業している業者にそういったところはありません。

 

利用者の収入状況や勤続年数など返済能力に関する審査は非常に慎重に行われますし、無理な増額もしていません。
これは総量規制と呼ばれる年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する法律ができたことが大きな要因となっており、貸金業者すべてが対象となります。

 

このようにシステムがしっかりと整備されたこと、それに従って営業できる業者のみが生き残っていること、この2点が信頼を回復してきている一番の理由なのです。

 

サラ金を利用する条件

現在サラ金を利用する条件は明確に定められており、どこの業者も細かい違いはあるにせよだいたい同じような基準になっています。

 

まずはじめに18歳以上であること、これは貸金業法に基づいたものでそれ以下の年齢では利用できません。
また18歳であっても高校生では利用することができませんし、未成年の場合は親の承諾が必要になります。

 

次に安定した収入があること、これは返済がきちんとできるかどうかの大きな基準になりますから収入がない状態では利用することができません。

明日までにお金がいる

 

ただし一部例外もあって、大学生や主婦の場合は利用できる業者もあるようです。

 

さらに安定した年収があっても、すでにその3分の1以上の借り入れがある場合は新たな借り入れをすることができません。
これは総量規制と呼ばれる法律によって決められているもので、貸金業者全体に適用されています。

 

ただし銀行系のサラ金の場合は貸金業法でなく銀行法での管理となるため、総量規制の対象にはなりません。
他にも身分証明書を所持していることや、所得証明を提出できることなどありますから申し込みをする前に借り入れの条件を必ず確認しておいてください。

 

用意する書類自体はそれほど多くありませんから、初めての人は電話やメールで問い合わせてみてもいいですし、ホームページにも詳細が記載されているので見てみるといいでしょう。

 

利用条件をしっかり把握し、正しい方法で利用するようにしてください。

更新履歴